診療科目

一般歯科/小児歯科/
矯正歯科/インプラント歯科/
審美歯科/歯周病歯科
予防歯科/口腔外科/
ノンメタル治療

診療時間

月・火・水・金
9:30〜12:30
15:00〜20:00
木・土
9:30〜14:00
※日曜・祝日休診

アクセス

〒538-0044
大阪市鶴見区放出東3丁目7-6
JR学研都市線 放出駅北口から
西へ徒歩2分

JR放出駅〜当院までの道案内マップはコチラ

診療科目

歯周病歯科とは・・・・

30歳〜40歳代の80%以上が歯周病にかかっているといわれており、本人はかなり病状が進むまで自覚がなく、静かに進行してゆく恐ろしい病気です。

歯周病は細菌を原因として、歯肉の炎症から骨を失わせてゆく病気で、歯を家に例えると、白アリのように家の土台を食い潰してボロボロにしてゆくイメージです。病状が進行すれば、歯という貴方の家は、倒壊します。つまり、歯は抜けてしまうのです。

また、最近の発表で、歯周病の菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を巡り、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・早産などにも関与していることがわかってきています。
ブラッシングでは除去できない歯石を歯科専門の器具で取り除き、歯周病によって弱ってしまったそれぞれの歯に合った処置を行なってゆきます。歯がグラグラと動揺している場合はしっかりした歯と接着・固定を行いますが、あまりにも病状が進行してしまった歯は抜歯が必要な場合もあります。放っておくと周囲の歯にも悪影響を及ぼすからです。
そういった場合には何かしら人工の歯をいれる場合も必要になります。
歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になる場合があります。

当院では徹底的に歯石を除去するために歯周外科治療も積極的に行っています。
最近では歯周病治療についての医療レベルが向上し、薬を上手く組み合わせれば歯周病を効果的に治療できるようになってきました。
詳しくは当院へご相談ください。

歯周病は先にも述べたとおり、自覚症状がないままに病状が進行し、最終的に歯が抜けてしまう、恐ろしく、悲しい病気です。
毎日体を洗うように、手を洗うように、お口の中も正しい方法で掃除をしてあげれば歯周病は防げる病気なのです。
歯の大切さは失った人しかわかりません。

数年後、数十年後も患者様ご自身の歯でイキイキと過ごして頂くために、歯周病に関する正しい知識を身に付けてください。
ご自身の歯はどんなにお金を出しても買うことのできない、大切な財産なのです。

診療科目の一覧へ このページの上へ↑